eモビリティ

充電システム、内部接続ケーブルおよび高電圧接続

 環境にやさしい交通手段、特に電気自動車が世界の趨勢となっています。数年以内に、ハイブリット車と電気自動車の市場は世界規模にまで成長すると考えられます。ハイブリット車と電気自動車は、車両の配線ソリューションに新たな需要をもたらします。

 

eモビリティ向けソリューションの要件

充電プロセスは、eモビリティの成功において非常に重要な役割を果たします。電気自動車をより魅力的にするために、スムーズに、素早く簡単に充電できることが重要です。ここでは、特に内蔵コネクタおよびケーブルに革新的なソリューションが必要になります。

LAPP のシステムソリューションは、その優れた品質と高い信頼性で世界中に知られています。自動車メーカーやサプライヤーでさえも、特にハイブリッド車と電気自動車に関して、LAPPが50年以上に渡って培った機械やプラントエンジニアリングの経験の恩恵を受けています。

LAPP はeモビリティのパイオニアであり、新しいVDE規格に準拠するケーブルとコネクタを備え、互換性があり量産可能な完全充電システムを最初に開発した企業の1つです。充電システムは、LAPP Systemsとドイツのノルトラインヴェストファーレン州にあるBals Elektrotechnik GmbHと共同で開発されました。

LAPP製品は充電ソリューションを提供するのみでなく、ハイブリッド車および電気自動車に定められた最新の要件を満たしているという特長もあります。LAPP製高電圧ケーブル(特許取得済み)が、モーターへの電力供給に使用されています。一流自動車メーカーおよびサプライヤーは、既にLAPP製のケーブルとコネクタをリチウムイオン電池の内部接続にも使用しています。

eモビリティ

製品の事例

  • LAPP Systems製HELIX (特許取得済み) 、新規設計のコネクタ付きモード3充電ケーブル
  • RFIDタグ内臓の強化型モード3ケーブルおよび射出成型コネクタ(特許取得済み)
  • オープンエンド電源ボックスケーブル
  • スパイラル充電ケーブル

サクセスストーリー

LAPPが牽引する電気自動車

ケーブルアッセンブリの概要