ケーブルの屋外使用について

屋外でケーブルを使用する場合、屋内よりも高レベルの紫外線にさらされ、また、オゾンなどの大気からも影響も受け早期劣化の原因となります。一般に屋外で使用するケーブルの要求事項としては、以下が挙げられます。

ケーブルの屋外使用の要求事項

原則として、すべてのプラスチックが酸化しやすい傾向がありますが、プラスチックの種類によって紫外線安定性も異なります。

太陽光に含まれる紫外線はシースの分子鎖を透過します。これにより、分子鎖が分裂し、高反応性ラジカルが形成され、プラスチックの分子構造が崩壊します。その結果、屋外で使用されるプラスチックは短時間で硬化や劣化し、脆化してしまいます。

特にPVCケーブルは、熱可塑性ポリマーに添加された揮発性可塑剤や軟化剤が急速に蒸発してしまうため、より劣化の進行が早まります。

PVCケーブル、灰色、アウターシースの場合

【紫外線からケーブルを守るには】

ケーブルへの光遮断(配管など)、又はシースコンパウンドに紫外線吸収剤を加え、紫外線を除去などの方法もあります。また、多くは、シースに使用するポリマーにカーボンブラックを加えることで、非常に簡単に耐UVケーブルにすることができます。

これによりシースが黒色になり、シース自体が完全に遮光され、光吸収が可能になります。一方、紫外線は、シースのカーボン粒子により吸収され、はるかに害の少ない熱エネルギーへ変化され、不安定なフリーラジカルならびに光酸化の発生も防ぎます。

PVCケーブル、黒色 アウターシースの場合

一部の黒色以外のシースでも、優れた耐UV性を持っている物もあります。

それは、可塑剤を必要とする熱可塑性ポリマーではなく、架橋エラストマー又は熱可塑性エラストマー(TPE)群に属するシースなどです。

 

例えば黒色でないPURケーブルは、屋外での使用で色褪せたり白くなったりすることがありますが、通常柔軟性及び機械的安定性は保持し続けます。また、耐熱ケーブル(シリコン製)ÖLFLEX® HEAT 180なども黒以外のシースでも、優れた耐UV性を持っています。

しかし、こうしたケーブルに適しているのは温帯気候での屋外使用としています。

常時高レベルの紫外線にさらされる場所(沿岸地域、砂漠、海、高山、極地、サウスオーストラリア州やニュージーランドなどの非常に強い紫外線がある地域)で使用する場合は、こうしたケーブルもカーボンブラックのアウターシースで保護する必要があります。