許容電流値について

LAPP の場合、以下にガイドラインとして、周囲温度+30℃で定格電圧1000V 以下のケーブル及び耐熱ケーブルの場合の許容電流値を示します。

     
許容電流値について
(PDF 2 MB )
本ページに記載されている許容電流値をダウンロードできます。

一般的な規定および推奨値については、DIN VDE 0298 Part 2 および Part 4 に記載されています。
下の表の値は基準値で、内容は DIN VDE 0298 Part 4、2013-06、Table 11 および 15 から抜粋し、簡略化したものです。また、0.08~0.34 ㎟の範囲は DIN VDE 0891、1990-05、Part 1 をベースとしています。
著作権上の理由により、DIN VDE 0298 Part 4 からの抜粋のみここに記載します。

テーブル 12-1:許容電流値

テーブル 12-1:許容電流値
current rating 1 2

1) VDE 0891-1 からの引用による 0.08 ㎟ – 0.34 ㎟までの公称断面積の定格電流値 2) VDE 0298-4、2003-08、テーブル11 に従う 0.5 ㎟の拡張範囲 3) 単線、接触しているケーブル、ケーブルを結束する場合、気中やケーブルコンジットに配線する場合は、DIN VDE 0298-4、201306、テーブル 10 を遵守してください。

重要:
この表に記載される情報は DIN VDE 0298-4、2013-06 の情 報とは異なります。したがって、不明点がある場合は、DIN VDE 0298-4 の最新バージョンを常に適用してください。

下記については、テーブル 12-1 以降の該当するすべての減 少係数を遵守してください。

  • 異なる周囲温度: テーブル 12-2
  • 通電心線が 3 本以上の時の 10 ㎟以下の多心ケーブル:テー ブル 12-3
  • 周囲温度が 50℃を超える耐熱ケーブル: テーブル 12-4
  • コイル状に巻かれたケーブル: テーブル 12-5
  • パイプ、ダクト、壁または床で束ねた単線、多心ケーブル: テーブル 12-6
  • 多心ケーブルをトラフ、ケーブルラックまたはコンジット で配線: テーブル 12-7
  • 単線をトラフ、ケーブルラックまたはコンジットで配線: テーブル 12-8


テーブル 12-1 A〜D ケーブルカテゴリ:

【カテゴリ A】 : シングルコア:LiY、LiYCY-EA、H05V-K、H07V-K、H07V2K、H07Z-K、Multi-Standard SC、ÖLFLEX®HEAT 125、180、 205、260 等の SC(シングルコア)

【カテゴリ B】 : 家庭用およびポータブル機器用のマルチコアケーブルとサー ビスコード:ÖLFLEX®CLASSIC 100、H05VV-F、450 P、500 P、 540 P、H05RR-F、H05RN-F 等

【カテゴリ C】家庭用およびポータブル機器を除くマルチコア電源および制 御ケーブル:すべての ÖLFLEX®-、ÖLFLEX®CRANE-、 ÖLFLEX®HEAT-、ÖLFLEX®HEAT 180-、ÖLFLEX®HEAT205 / 260-ケーブル等

【カテゴリ D】 : マルチコアヘビーデューティーゴムケーブル U0 / U≤0.6 / 1kV:ÖLFLEX®CRANENSHTÖU、ÖLEXLEX®CRANE VS、 NSHTÖU、NSSHÖU、ÖLFLEX®HEAT-マルチコアケーブル シングルコア特殊ゴムケーブル、U0 /:0.6 / 1kV または 1.8 / 3 kV:NSGAFÖU、NSHXAFÖU;ÖLFLEX®HEAT®145 シング ルコアケーブル


下記については、テーブル 12-1 以降の該当するすべての定格 電流も遵守してください。

  • 銅製アースケーブル”ESUY “:VDE 0105 Part1 を参照
  • 産業用ケーブル”H07RN-F / A 07RN-F / H07BQ-F”:テー ブル 12-9 を参照。
  • 溶接ケーブル”H01N2-D”:テーブル 12-10 を参照。 ・銅導体の動作電流および電力損失: テーブル12-11を参照。
  • 建物の配線用ケーブル”NYM、NHXMH、NYY、NYCY、 NYCWY、NHXHX”:VDE 0298-4、2003-08、Table 3 および 4 を参照。
  • 機械のケーブルとワイヤ:DIN EN 60204-1 / VDE 0113-1 を参照。
  • 米国向け機械のケーブルとワイヤ:National Electrical Code &NFPA 79、Table 13 を参照。


●表面接触配線:テーブル 12-1 カテゴリ A または D の減少 係数

*単相 AC または DC 回路の場合:0.76 の減少係数
*三相 AC 回路の場合:0.67 の減少係数
※テーブル 12-6 の減少係数を適用する前に適用する必要があ ります

●気中配線またはケーブルトレイ配線:テーブル 12-1 の A ま たは D の減少係数

*単相 AC または DC 回路の場合:0.8 の減少係数
*三相 AC 回路の場合:0.7 の減少係数
※テーブル 12-8 の減少係数を適用する前に適用する必要があります。

●注意:壁内の電線管(パイプ)に配線、または壁埋設されたシ ングルコア(ワイヤ)(配線方法 A1 または B1)建物では、VDE 0298、Table 3 または 5、列 2、3、6、または 7 および Table 21 を参照してください。


低電圧電気設備に関する注記 – 安全保護 – 過電流に対する 保護:

HD 60364-4-43: 2010 および DIN VDE 0100-430 (VDE 0100430): 2010-10 (IEC 60364-4-43: 2008,2008 年 10 月改定版)に準拠 上記の規格に従って、通電された導体を過電流から保護する 必要があります。この規格には、過負荷および短絡の際に電源 の間接接触、過電流遮断器など、通電された導体を保護する方法が記載されています。

テーブル 12-2:減少係数

本テーブルは、周囲温度が 30℃ 以外の場合を示します。下の表の値は基準値であり、簡略化した形で DIN VDE 0298 Part 4、2013-06、Table 17 から抜粋したものです。
著作権上の理由により、DIN VDE 0298 Part 4 からの抜粋のみここに記載します。

テーブル 12-2:減少係数

テーブル 12-3:減少係数

本テーブルは、導体断面積 10 ㎟までの多心ケーブルで、導体に通電している心数による減少係数を示します。
下の表の値は基準値であり、簡略化した形で DIN VDE 0298 Part 4、2013-06、Table 26 から抜粋したものです。
著作権上の理由により、DIN VDE 0298 Part 4 からの抜粋のみここに記載します。
※通電とは、動力負荷とし、制御信号は通電としてカウントしません。

テーブル 12-3:減少係数

テーブル 12-4: 耐熱ケーブルの減少係数

下の表の値は基準値であり、簡略化した形で DIN VDE 0298 Part 4、2013-06、Table 18 から抜粋したものです。
著作権上の理由により、DIN VDE 0298 Part 4 からの抜粋のみここに記載します。

テーブル 12-4: 耐熱ケーブルの減少係数

テーブル 12-5: コイル状に巻かれたケーブルの減少係数

下の表の値は基準値であり、簡略化した形で DIN VDE 0298 Part 4、2013-06、Table 27 から抜粋したものです。

テーブル 12-5: コイル状に巻かれたケーブルの減少係数

スパイラルケーブルには減少係数 0.8 が適用されます(1 層につき)。

テーブル 12-6: 減少係数

床面または壁面にケーブルを束ね、パイプやダクトに収容する場合を示します。下の表の値は基準値であり、簡略化した形で DIN VDE 0298 Part 4、2013-06、Table 21 から抜粋したものです。
著作権上の理由により、DIN VDE 0298 Part 4 からの抜粋のみここに記載します。

テーブル 12-6: 減少係数

〇 = 単心ケーブルまたは多心ケーブルを表します

重要: 減少係数は、同じ種類のケーブルを同じ負荷で使用する前提で、表中の配置に従って決定し適用する必要があります。この 時ケーブルの種類は複数の公称断面積のものを混ぜてはいけません。

テーブル 12-7: 減少係数

多心ケーブルをトラフやコンジットで束ねる場合を示します。下の表の値は基準値であり、簡略化した形で DIN VDE 0298 Part 4、2013-06、Table 22 から抜粋したものです。
著作権上の理由により、DIN VDE 0298 Part 4 からの抜粋のみここに記載します。

テーブル 12-7: 減少係数

重要: このテーブルの減少係数は、図のように一層に配線されたケーブルグループにのみ適用されます。ただし、ケーブルを互い に接触させて配線する場合や、ケーブルトレイやケーブルコンジット間の実際の 間隔の寸法が指定した間隔に達していない場合 は、適用されません。この場合は、別途減少係数を考慮します。(テーブル 12-6 などに従います)。

テーブル 12-8: 減少係数

単心ケーブルをトラフやコンジットで束ねる場合を示します。下の表の値は基準値であり、簡略化した形で DIN VDE 0298 Part 4、2013-06、Table 23 から抜粋したものです。
著作権上の理由により、DIN VDE 0298 Part 4 からの抜粋のみここに記載します。

テーブル 12-8: 減少係数

重要: このテーブルの減少係数は、図のように一層に配線された単心ケーブルグループにのみ適用されます。ただし、ケーブルを 互いに接触させて配線する場合や、ケーブルトレイやケーブルコンジット間の実際の間隔の寸法が指定した間隔に達していない場 合は、適用されません。この場合は、減少係数を減少します(テーブル 12-6 などに従います)。回路を並列に接続する場合は、並 列接続の 3 本の導体の各結束を 1 つの回路として考えます。

テーブル 12-9: ラバーシースケーブルの定格電流

産業用途の架橋エラストマーケーブルやラバーフレキシブルケーブルの定格電流(H07RN-F および A07RN-F等)を示します。
下の表の値は基準値であり、簡略化した形で DIN VDE 0298 Part 4、2013-06、Table 13 から抜粋したものです。
著作権上の理由により、DIN VDE 0298 Part 4 からの抜粋のみここに記載します。

テーブル 12-9: ラバーシースケーブルの定格電流

架橋エラストマー絶縁付き耐熱ケーブルのその他の周囲温度の減少係数を示します。下の表の値は基準値であり、簡略化した形で DIN VDE 0298 Part 4、2013-06、Table 18.1 から抜粋したものです。

current rating 10

テーブル 12-10: 溶接用ケーブルの動作条件および定格電流

H01N2-D および H01N2-E
下の表の値は基準値であり、簡略化した形で DIN VDE 0298 Part 4、2013-06、Table 16 から抜粋したものです。
著作権上の理由により、DIN VDE 0298 Part 4 からの抜粋のみここに記載します

テーブル 12-10: 溶接用ケーブルの動作条件および定格電流
テーブル 12-10: 溶接用ケーブルの動作条件および定格電流

テーブル 12-11: 導体の動作電流および電力損失

図は、DIN EN 61439-1(VDE 0660-600-1)、 2012-06、Annex H からの抜粋です。
下のテーブルに、理想的な条件下における開閉装置/ 制御装置アッセンブリ内の導体の動作電流および電力損失の基準値を示します。値の算出に使用した計算方法は、他の条件の値を計算するために提供されています。
著作権上の理由により、DIN EN 61439-1 からの抜粋のみここに記載します。

テーブル 12-11: 導体の動作電流および電力損失

テーブル 12-12: 銅導体およびアルミ導体のケーブルの短絡時定格電流密度

下の表の値は基準値であり、簡略化した形で DIN VDE 0298 Part 4、2013-06、Table 28 から抜粋したものです。
著作権上の理由により、DIN VDE 0298 Part 4 からの抜粋のみここに記載します。

テーブル 12-12: 銅導体およびアルミ導体のケーブルの短絡時定格電流密度

* エチレンプロピレンゴム(EPR)またはエチレンプロピレンジエンゴム(EPDM)
** 錫メッキ導体の温度は+200°C に制限され、軟質はんだ接続の場合は+160℃に制限されます。

テーブル 13-1: 米国のケーブルの定格電流

NEC テーブル T310.15 (B)(16)
定格電圧 0 〜 2000V、60℃ 〜 90℃(140℉ 〜 194℉)の絶縁銅導体の許容定格電流。1本のケーブルダクト、パイプ、ホースまたは 1 本の(多心)ケーブルで通電中の導体が3心を超えない、または地下埋設(直接地下配線)、周囲温度 30℃(86℉)に基づく。

NEC T310.15 (B)(17)
定格電圧 0 〜 2000V の銅導体単心ケーブルの許容定格電流、気中配線、周囲温度 30℃に基づく。 (NEC エディション 2017)

テーブル 13-1: 米国のケーブルの定格電流
テーブル 13-1: 米国のケーブルの定格電流

*導体の過電流保護については、NEC 240.4(D)を参照してください。
注記: 必ず NEC の有効なエディションを参照してください。これは、上記以外のすべてのケースにも適用する必要があります。
産業用機械および装置におけるケーブルの定格電流については、NFPA 79 エディション 2015 のセクション 12 に記載されています。