Lappの材料宣言対応

Lappの材料宣言対応についてのPDFはこちらからダウンロードできます。

 

Lappでは材料宣言においてchemSHERPA(※1)には対応しておりません。

材料宣言に関しては、国際的な共有データシステムであるIMDS(※2)に対応しております。お問い合わせについては下記をご参照願います。

 

(※1) chemSHERPAとは

JAMP(アーティクルマネジメント推進協議会)が運営する製品含有化学物質の情報伝達スキームです。主に電気電子業界、化学業界にて利用されています。

 

(※2) IMDS(International Material Data System)とは

主に自動車産業界向けのマテリアルデータシステムです。個々の部品の環境保全に関係する側面を管理するため、世界の自動車メーカー、サプライヤで使用されております。

IMDSでは、自動車メーカーやサプライヤから提供された全材料がデータとして管理されます。自動車メーカーやサプライヤは、このシステムを使用することにより、国際的な標準、法律、規則により課せられた義務を果たすことが可能となります。

 

メインカタログに記載のLapp製品について材料、化学物質の含有、禁止物質の使用有無を確認したい場合、IMDSデータシートをリクエストいただけます。 ご希望の方は次の情報をご提供下さい。

 

データシートのリクエストに必要な情報:

  • お客様名
  • お客様のIMDS ID番号
  • Lapp製品名
  • 製品寸法情報または製品バージョン情報 (例:ケーブル外径、製品の大きさ等)
  • Lapp製品番号

 

お問い合わせはこちらまで:

Email:sales@lappgroup.jp

電話:03-4520-6245